SSL3.0の脆弱性について、推奨される(TLS)対処方法

通信における高度な暗号化方式「SSL3.0」において、脆弱性が発見され、インターネット上にあるSSLページ【(https://)個人情報などを入力するページ等に使用】をご利用の場合に、SSLの情報(暗号化された内容で通信する技術)が漏洩する可能性があると報じられております。

第三者機関の対処方法として、次世代暗号化通信「TLS1.0」「TLS1.1」「TLS1.2」での通信を推奨されております。


当社 株式会社TGLの運営しているRMTサイトは、全てTLS通信に対応しており、情報の漏えいがしないよう、以下の設定をして頂く必要がございます。

ご使用のブラウザにより、設定方法が異なりますので、以下をご確認の上ご設定をお願い致します。

第三者機関
URL/http://www.ipa.go.jp/security/announce/20141017-ssl.html

Internet Explorerをご使用の場合

  1. Internet Explorerの上部にあるメニューから「ツール」→「インターネット オプション」→「詳細設定」をクリックします。
  2. 「セキュリティ」の中にある、「SSL 3.0を使用する」・「SSL 2.0を使用する」のチェックを外す。
  3. 同枠内にある「TLS 1.0を使用する」「TLS 1.1を使用」「TLS 1.2を使用」にチェックをして、「OK」をクリックします。
    ※設定を保存するため、Internet Explorerの再起動をお願いします。

【Internet Explorerのバージョン】によっては「TLS1.0を使用する」が表示されない場合がございます。
その際にはInternet Explorerを最新のバージョンにアップデートをご検討下さい。

Google Chromeをご使用の場合

  1. 右上にある、Google Chromeの設定(3本線の横縞)から「設定」→「下部の詳細設定を表示」→「ネットワーク」→「プロキシ設定の変更」をクリックします。
  2. 「インターネットのプロパティ」→「詳細設定」をクリックします。
  3. 「セキュリティ」の中にある、「SSL 3.0を使用する」・「SSL 2.0を使用する」のチェックを外して「TLS 1.0を使用する」・「TLS 1.1を使用する」・「TLS 1.2を使用する」にチェックして「OK」をクリックした後、一度終了をして、Google Chromeの再起動をして設定を保存して下さい。

【Google Chromeのバージョン】によっては「TLS1.1を使用する」以降の項目が表示されない場合がございます。
その際には「TLS1.0を使用する」のみにチェックしてご設定をお願いします。

Firefoxをご使用の場合

今後のバージョンアップで、SSL3.0が無効化されるとの事でございますので、それまでの期間は、「Internet Explorer」若しくは、「Google Chrome」をご使用頂く事を、お勧め致します。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

RMT匠では、「グローバルサイン社」のセキュリティにより、高度な128ビットSSL暗号化通信を実施しております。

お客様の情報は高度な水準のセキュリティで保護されています。安心して当店をご利用頂けます。

≪SSLの脆弱性と推奨される対処方法≫